カメラの設定を見直す – オンラインスクラッチクラスユーザーガイド

カメラ関連のトラブル

オンラインスクラッチクラスでは Google ハングアウトを利用して授業を行いますが、相手(講師)にカメラの映像が届かない場合があります。

ここではよく起こりがちなポイントに絞ってカメラの設定方法の見直し方を説明します。

映像が届かない – Google ハングアウトでカメラが OFF(オフ)になっている

Google ハングアウトでカメラが OFF になっている場合があります。この場合、Google ハングアウト上でカメラを ON にする必要があります。

1Google ハングアウトはこのような画面です。カメラが OFF の場合、この時点で確認することができます。上のアイコンをクリックしましょう。

2これでミュートが解除されました。

映像が届かない – Google ハングアウトで使うカメラが違う

パソコンに2つ以上のカメラがある場合があります。授業中に使うカメラを正しく選ばないと声が伝わりません。

これは Google ハングアウトで授業を始めた時に選ぶことができます。


1Google ハングアウトはこのような画面です。上のアイコンをクリックしましょう。

2上のイメージでは「FaceTime HDカメラ」しかありませんが複数台カメラがあるパソコンでは複数のカメラが選択できます。

今のカメラとは別のカメラを選んで完了をクリックします。