Scratch からはじめるキッズ向けプログラミング

プログラム言語はたくさんあるけど子どもが一人で勉強するには難しいものばかり

プログラミングは大人だけでなく子どもでもはじめることができ、プログラムをする為の言語もたくさん存在します。

program-list

上のイメージに記載された言語は非常に有名で多くのシステムで利用されていますがこれらを使えるようになるまでは多くの時間がかかります。

特に子どもが学習するのに多くの時間がかかる理由は構文にあります。プログラミングは英語の構文と同じで一定のきまりに従う必要があります。

一般的なプログラミング言語は命令を一文字ずつキーボードで入力して実行するのですが、一文字でも間違えてしまうとそれだけでプログラムは動かなくなってしまいます。

何が間違っているかを自分で調べながら勉強するのは大人でも大変な集中力と時間がかかりますね。これを子ども一人で行うのはとてもむずかしいものです。

最初から子どもの学習用に考案されたプログラミング言語 Scratch(スクラッチ)

Scratch は米国マサチューセッツ工科大学メディアラボが開発したもので動画やゲームのような身近に楽しめるものを簡単に作れるようなプログラミング言語です。

プログラミングといってもパズルのように命令を組み立てていって実行するとすぐに何らかのアニメーションを行います。

Scratch

この(パズルのように)命令を組み立てて実行するというのはどの言語でも同じですが非常に取り組みやすい形でプログラミングに入ることができます。

Scratch 自体は大変素晴らしいもので、少しずつ小学校等の教育現場に取り入れられているケースはありますが、それでも準備が完全に整っているとはいえません。

Scratch はこんな感じにプログラミングしていく

ここで Scratch を使ってどのようにプログラミングするか例を示しましょう。次のイメージは Scratch でスペースキーを押した時にネコがジャンプする(だけの)シンプルなプログラムです。

ほとんどがブロックでできていることが分かるでしょう。このブロックを組み立てていくことが Scratch 流のプログラミングです。このブロックを使ったプログラムが下になります。

操作方法
スペースキー : ジャンプ

Gramin でもできる Scratch プログラミング

キッズプログラミング教室 Gramin では小学生向けに Scratch を使った体験授業や集中講座を行っています。

体験授業では硬派な Scratch プログラミングの課題を一つづつ実施し、集中講座では「〜のゲームを一から作ってみよう」というテーマを決めて 2時間程度で Scratch プログラミングを行っています。興味がある方はぜひご参加下さい

Scratch サンプル

ここで簡単な Scratch サンプルを紹介します。

meowing


http://scratch.mit.edu/projects/12075414/

これは非常にシンプルな Scratch の例です。緑の旗をクリックすると Scratch のロゴである猫が鳴き声を上げながら動きます。

Partical Ring


http://scratch.mit.edu/projects/11920424/

緑の旗をクリックすると丸い玉が増えて勝手に動き出すプログラムです。

Escape


http://scratch.mit.edu/projects/11906235/

スーパーマリオブラザースのようなアクションゲームです。緑の旗をクリックしてスタートをクリックすると始まります。キーボードの矢印キー左右でプレイヤーを動かし、矢印キーの上でジャンプします。