Scratch(スクラッチ)と比べた Greenfoot(グリーンフット)

Greenfoot(グリーンフット)はゲームのような画面を使って Java でプログラミングする開発環境(かいはつかんきょう)です。Greenfoot は Scratch(スクラッチ) と似ている部分も多く、これまで Scratch を使っていればすぐに Greenfoot を始めることができるかもしれません。

ステージ(Scratch)とワールド(Greenfoot)

Scratch ではステージと呼ばれていた画面ですが Greenfoot ではワールド(World)と呼びます

また Scratch の背景(はいけい)は Greenfoot では上の WombatWorld のようにワールドクラス(World classes)と呼びます。

Scratch では背景もブロックでプログラミングすることができますが、Greenfoot でも同じようにワールドクラスに Java でプログラミングをすることができます。


(Scratchのステージと背景)


(Greenfoot のワールドとワールドクラス)

スプライト(Scratch)とアクター(Greenfoot)

Scratch でスプライトと読んでいたネコや人等は Greenfoot ではアクターと呼びます。Greenfoot のアクターにももちろん好きな画像・アイコンをつけることができます


(Scratch のスプライト)

(Greenfoot のアクター)

Scratch ではスプライトに対してブロックでプログラミングしましたが、Greenfoot でもアクターに Java でプログラミングすることができます。

プログラミングをする画面

Scratch ではスクリプトエリアにブロックを移動してプログラミングをしていきました。

Greenfoot は Java でプログラミングをします。キーボードで Java のキーワードを使ってプログラミングをしていく必要がありますが、Greenfoot ではこれが簡単にできるような画面が用意されています。

プロジェクト(Scratch)とシナリオ(Greenfoot)

Scratch では緑の旗(ハタ)をクリックしてスタートすることができるプログラムをプロジェクトと読んでいました

Greenfoot では “Run”(ラン)と書かれたボタンをクリックするとプログラムをスタートすることができますが、これをシナリオ(scenario)と呼んでいます。

Scratch のプロジェクトは Scratch のページへ行くとたくさん紹介されています

Greenfoot も同じように Greenfoot のサイトでたくさんのシナリオが紹介されています。ただしサイト自体が英語(2014/01/19時点)なのでとっつきにくいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です