マイクの設定を見直す – オンラインスクラッチクラスユーザーガイド

マイク関連のトラブル

オンラインスクラッチクラスでは Google Meet(旧 : Google ハングアウト)を利用して授業を行いますが、声が相手(講師)に伝わらなかったり、音が小さい場合があります。

ここではよく起こりがちなポイントに絞ってマイクの設定方法の見直し方を説明します。

もくじ

  1. 声が全く伝わらない – Google Meet でマイクがミュートになっている
  2. 声が全く伝わらない – Google Meet で使うマイクが違う
  3. 声が全く伝わらない – マイク入力レベルが低い
  4. 外部機器を抜き差しする

声が全く伝わらない – Google Meet でマイクがミュートになっている

Google Meet でマイクがミュートになっている場合があります。この場合、Google Meet 上でミュートを解除することができます。

1Google Meet はこんな画面です。マイクがミュートの場合、この時点で確認することができます。上のアイコンをクリックしましょう。

2これでミュートが解除されました。

声が全く伝わらない – Google Meet で使うマイクが違う

パソコンに2つ以上のマイクがある場合があります。授業中に使うマイクを正しく選ばないと声が伝わりません。

これは Google Meet で授業を始めた時に選ぶことができます。

1Google Meet はこのような画面です。右下のアイコンをクリックしましょう。

2「設定」をクリックします。

3マイク設定の「▼」をクリックし、有効なマイクを選択します。最後に「完了」をクリックして終了です。

声が全く伝わらない – マイク入力レベルが低い

マイクの入力レベル(大きさ)が極端に低くなってると声が伝わりません。

パソコンのサウンド設定を変更します。

1デスクトップ右下のスピーカーのマークを右クリックします。

2「サウンド」をクリックします。

3「録音」タブをクリックし、使用するマイクが選択されているか確認したら「プロパティ」をクリックします。

4「レベル」タブをクリックし、レベルを大きくします。最後に「OK」ボタンをクリックして完了です。

声が全く伝わらない – 外部機器を抜きさしする

マイクや Web カメラを USB などでつないでいる場合(外部機器を使用している場合)は、一度 USB をさし直してみましょう。

どれを試してもうまく行かない場合、設定がきちんと読み込まれていない可能性があります。
ブラウザを再起動したり、パソコンを再起動することできちんと動作するようになることもありますので、どうしてもというときには再起動してみましょう。